ライザップ、食事ルール、食べていいもの

パーソナルジムについて ライザップ

ライザップの食事ルールや食べていいものとは?【体験談】

更新日:

スポンサーリンク

 

 

今回の記事では、話題のパーソナルトレーニングジム「ライザップ」の気になる食事ルールや食べていいものなどを具体的に見ていきたいと思います。
実際にライザップを体験した「Dさん」にお話しを聞いてみましょう!

タラさん、こんにちは!
今日は僕のライザップ体験談をお話させて頂きますね。

 

 

 

 

ライザップ食事ルールと食べていいもの

ライザップの食事ルールについて

 

 

それでは早速、僕がライザップで体験した食事ルールをお話します。
トレーナーから指示された内容は以下のとおりです。

 

まず炭水化物の摂取量は極端に減らされます

毎食数口程度しか摂ることができず、基本的にたんぱく質と野菜中心の食事メニューとなり、水分も多く取るように指示されました。

一般的な食事内容とは少しかけ離れていて、初めてメニューを見た時はびっくりされる方も多いかもしれません。

 

 

一日の炭水化物摂取量はご飯1杯ほどが目安になります。

パンやパスタ、お菓子なども食べることはできますが、低糖質のもの限定となりそれ以外のものは食べることができません。

毎日の食事は「肉、魚、卵、大豆」などの食品を食べることが多く、調味料もカロリーが高いものはNGです。

 

 

マヨネーズやドレッシング類は要注意で、味付けがしっかりしたものはほとんど食べれません。

肉や魚は脂肪分の少ない赤身のものを選び、肉の種類としては鳥のむね肉が圧倒的に多くなりました。

 

 

食事量に関しては昼食が最も多く、その次に朝食、夕食となります。

夕食に関してはお腹が一杯になるまでの量を食べられるわけではないため、人によっては軽食程度に感じてしまう方もいるはずでしょう。

とにかく米などの主食の量を減らし、たんぱく質や野菜をしっかり食べるメニューでした。

 

 

筋肉量を多くする為にたんぱく質の摂取を積極的にすすめられます。

とにかく筋肉量を増やして、脂肪を燃焼しやすい体質を目指すように食事指導されました。

 

なるほど~。
痩せる為の徹底した食事管理ですね。

そうなんです。
大好きな白米や麺類が食べられないのは大変でした。

 

 

 

パーソナルトレーナーとのやりとり

 

 

次にトレーナーとの食事管理についてのやりとりについてお話しますね。

 

毎食ごとに食べたもの報告し、それに関してトレーナーから返信があります。

基本的に毎日返信があるのですが、トレーナーの休日には何日か後の返信になることもありました。

体重などのデータは管理されているため、減量が順調だと「その調子です!良い感じですよ」と褒めてくれます。

逆に食事内容に問題があると分かりやすくアドバイスをしてくれました。

 

 

また積極的に食べほしいものや、その食材のダイエット効果なども教えてくれます。

時にはお腹が減ってイライラすることもありましたが、相談すると「今日だけご飯の摂取量を何百グラムか増やしていいですよ。」と言ってくれることもありました。

でも、決して私を甘やかしすぎることはありません。

「目標に向かってコツコツ頑張っていきましょう!Dさんならできます!」と優しく厳しく励ましてくれます。

 

 

前向きな言葉をかけられることで、トレーナーと一緒に頑張っているんだと自覚することが出来ました。

トレーナーの為にもダイエットに成功したいと思えました。

自分だけでダイエットと戦うのはつらいですもんね。

 

 

そして体重の停滞期には「ここが乗り越え時です!ここをのり越えれば新しい景色が見えますよ!」と、何度もトレーナーの力強い言葉で乗りきることができました。

体脂肪が減ってくる時には停滞期間も発生しやすく、頑張っていても結果がうまく出ない時は心が折れそうになることもあります。

でもトレーナーとの共同作業で取り組むため、トレーナーへの信頼が食事コントロールの活力にもなりました。

 

 

ひとりで食事管理をするのは大変です。
ライザップはトレーナーとの連携プレーが食事管理を成功させるのですね。

 

 

 

Dさんのライザップ食事管理の感想

 

 

最後にライザップの食事管理についての感想をお話します。

 

とにかくご飯(主食)の量が少なく、慣れるまではお腹が空いてつらい日もありました。

せめて1週間に一度くらいは食べたいものを満足いくまで食べたい!!

と思うことも。

 

 

私は体を動かすのが好きなので筋トレや運動はつらくても耐えることができると思っていましたが、食事管理はなかなか大変でした。

ライザップに通っていた期間は、人生において最も炭水化物の摂取量が少ない時期です。

 

 

でもトレーナーに見張られている(笑)ような状況は、ダイエットを必ず成功させるためには欠かせない条件なのかもしれません。

見ていないところでご飯やお菓子を食べてしまおうかと思うこともありましたが、体重にすぐ反映されるのでトレーナーに申し訳なくてできませんでした。

自分一人では耐えることができない食事管理も、ライザップの管理があったから成功することができたと思っています。

 

 

ダイエットは体を動かすことも大切ですが、最も重要なのは食事管理だと思うようになりました。

自分がどれだけ太りやすい食事をしていたのか、ライザップの食事制限を体験して知ることが出来たのです。

最初はお腹が減って眠れないという苦い経験もありましたが、今では貴重な経験をしたと思っています。

 

 

ライザップを終えた後はそこまでストイックな食生活は行っていませんが、少し太ったと感じた時にはご飯の量を減らすなど、ダイエットの技術が身につきました

自分の食生活と向き合うことが出来たこと、肥満を解消することが出来たことなど、ライザップでの経験はとても役に立ったと思います。

 

ライザップ経験者だから言えるリアルな感想ですね。
一人では出来ない食事管理もトレーナーと協力してのり越えた。
素晴らしい経験をしたのではないでしょうか。

はい!僕もそう思います。
今ではタラさんと同じくらいの食事管理の知識がありますよ(笑)

素晴らしいことです!
そしてダイエット成功おめでとうございます!

 

 

管理人の僕も気になっている、一流パーソナルジムRIZAP(ライザップ)

気になる方は無料カウンセリングを受けるだけでも良い経験になると思いますよ。

ライザップが気になる方はこちらからどうぞ⇩⇩⇩

無料カウンセリング受付中/ライザップ

 

 

 

スポンサーリンク

-パーソナルジムについて, ライザップ

Copyright© ほのぼのトレーニーのダイエット&トレーニング情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.