男、縄跳び、ダイエット やり方、効果

ダイエット&痩せる為に

男の縄跳びダイエット!効果とやり方について

更新日:

スポンサーリンク

 

 

ダイエットで縄跳びを始めようかと思っているのですが・・・
実際には効果があるのでしょうか?
やり方もどんなふうにやれば良い物か・・・

まさおさん、縄跳びをダイエットに取り入れようということですね。
分かりました!
効果ややり方についてご説明しましょう。

 

まず結論から申しあげますと・・・

縄跳びはダイエットに効果的です!

 

詳しい効果や理由については順に説明してまいります。

 

 

 

・男性の縄跳びダイエット効果

縄跳びの具体的なダイエット効果が知りたいところですよね?

可愛らしくぴょんぴょんと飛び跳ねるように見える縄跳び。

体力のある男性にも効果が出るような運動なのでしょうか?

 

分かりやすく男性の体格(体重60㎏~70㎏位)に合わせた消費カロリーでお話しするのが良いでしょう。

そしてダイエットにも効果的なジョギングや水泳と比較してみます。

 

  運動強度(METS) 消費カロリー(1時間)
ジョギング 6MTES 350kcal~450kcal
縄跳び 8METS 450kcal~550kcal
水泳(クロール) 8METS

450kcal~550kcal

 

METSと言われる運動強度では、8METSほどのランクに位置付けられている縄跳び。

軽いジョギングが6METS、クロール(スローペース)8METSを考えると、なかなかの運動強度であると言えます。

 

また1時間行った時の消費カロリーでは、ジョギングよりも100kcal程度上回っています

 

おにぎり1個がだいたい200kcalです。
単純計算だと、縄跳び1時間でおにぎり2個から3個ほどのカロリーを消費する計算ですね。

 

縄跳びの消費カロリーや運動強度は見た目以上です。

仮に20分縄跳びをしたとすると、小さなおにぎり1個分は消費できる計算です。

小さなおにぎり1個をジョギングで消費しようと思うと、これ以上の時間が必要になってきます。

 

 

縄跳びは、ダイエットしたい女性だけでなく、男性にもおすすめできる運動強度があります。

手軽に出来て場所も取らないうえに、意外にも男性のダイエットにも効果十分なのです。

 

 

 

・なぜ縄跳びで痩せるのか?

単純な運動に見える縄跳びが、なぜダイエットにも効果的なのか?

 

一つ目の理由は、ジョギングと同じ有酸素運動である事があげられます。

呼吸をしながらリズミカルにジャンプとロープ回しを繰り返す縄跳び。

酸素を取り入れながらの運動は、非常に脂肪燃焼効果が高いのです。

 

脂肪燃焼には激しい運動よりも、酸素を取り入れながら一定のペースで長く行なう運動が最適です。

まさに縄跳びはその条件を満たしているということです。

 

 

そして二つ目は、予想以上に筋肉を使う全身運動であることです。

縄跳びでは筋肉に負荷が強めにかかります。

ロープを回す手首から肩、それを支える胸

常に全体重を浮かす為に動く下半身

そして常に体を真っ直ぐに保つための体幹

 

縄跳びがダイエットに向いているのは、こういった全身の筋肉を使うトレーニングであることが大きいでしょう。

筋肉が鍛えられ、体の代謝が上がればおのずと痩せやすい体になっていきます。

縄跳びほど全身の筋肉に負荷がかかる運動はなかなか無いはずです。

 

 

 

・ダイエットに効果的なやり方

ダイエットに効果的な縄跳びのやり方として、とても大切なポイントがあります。

それは・・・

長い時間跳ぶことです。

 

な~んだ。そんなことですか。
縄跳びくらいなら全然大丈夫ですよ(笑)
小学生の時に跳んでましたし。

まさおさん・・・
その言葉、お忘れなく。
仮に脂肪燃焼に良いと言われる有酸素運動の目安時間、20分を目標に跳んでみてください。
おそらく・・・
3分くらいでバテバテになるはずですよ。

え?3分ですか??
そんな・・・。

僕も久しぶりに縄跳びを跳んだ時は驚きました。
全身を使って常にジャンプする縄跳び。
大人になってからやってみると、予想以上に疲れる運動なのです。

 

いくら消費カロリーの高い縄跳びでも、1~2分でやめてしまっては意味がありません。

縄跳びでダイエットする為には、なるべく長い時間跳び続けることが非常に大切です。

酸素を取り込みながら行なう有酸素運動は、20分以上続けることが望ましいと言われています。

しかし、縄跳びを20分連続で跳ぶことはなかなかにハードルが高いでしょう。

 

まずは3分を目標に。

そして休憩を挟んでからもう3分と。

徐々に時間を長くしていきましょう。

跳ぶペースもいきなりとばし過ぎず、最初はゆっくり回す程度で十分です。

 

それでも全身汗びっしょりになるはずですよ。

継続していると、筋肉が引き締まってくるのが分かるほど効果は出ます。

 

縄跳び10分 + ランニング10分 と組み合わせてみるのもおすすめです!

 

 

 

・縄跳びの注意点!

縄跳びをする際の注意点があります。

 

それは、準備運動を必ず行なうということです。

「今さら準備運動の話?」

と思う方もいるでしょう。

 

でも、考えてみてください。

全体重を何百回とジャンプさせる縄跳び。

とくに地面からの衝撃を受け止める「」と、

地面から跳ぶ為に酷使される「足首」や「ふくらはぎ

への負荷もそれなりに高いのです。

 

いきなり初めて関節や筋肉を傷めてしまうのは避けたいですよね。

体重を受け止める下半身は、軽い準備運動やストレッチをしてから始めるようにしましょう。

 

僕は今でも縄跳びは続けています。
それくらい効果的な全身運動なのです。
スタミナも間違いなくつきます!
僕自身がそうなので・・・。
でも、準備運動は軽くしたほうが良いですね。
僕は過去に、いきなり始めて膝を痛めたことがあります。
とくに寒い時期には筋肉や関節も固くなっていますので注意しましょう。

 

 

 

・男の縄跳びダイエットまとめ

今回は、男性にもおすすめな縄跳びでのダイエットについての記事でした。

もう一度まとめます!

 

 

男性にもダイエット効果がある・・・1時間でおにぎり2~3個分消費

痩せる理由・・・有酸素運動+全身の筋肉トレーニング

やり方・・・長い時間続けることが大切。最初は無理せず3分から

注意点・・・準備運動。とくに下半身

 

 

男性のダイエットにもおすすめな縄跳び。

体力づくりにもおすすめなので、是非挑戦してみてくださいね!

 

 

そして、縄跳びを使ったトレーニングを多用するのが「キックボクシング」です。

僕も6年ほど通っています。

キックボクシングダイエットについての記事も良ければご覧くださいね⇒

キックボクシングダイエットに興味がある方へ

 

 

スポンサーリンク

-ダイエット&痩せる為に

Copyright© ほのぼのトレーニーのダイエット&トレーニング情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.